たふなんど探訪鑑 - 2016/08

じゃんじゃんよろしゅう。




2016年08月29日(Mon)▲ページの先頭へ
台風10号宮城楽天を直撃
台風10号が宮城楽天を直撃しそうである。東北初の台風上陸で、相当な大雨に見舞われる予想である。東北の農産物も被害を受けるのは間違いないだろう。とにかく楽天を目指しているとしか思えん。


2016年08月24日(Wed)▲ページの先頭へ
マスメディアの致命的弱点
マスメディアの致命的弱点はわしの子供をテレビに出さないと読売ジャイアンツが勝てないということだ。だが、これは絶対ではない。負けることもある。が、それでも奴等はやめようとはしない。精神病質がそうさせるのだ。わしの子供がそれが奴等読売にとってのアドバンテージの材料として重宝されているのは明らかであろう。私という威権体の分体といっても本人の自覚と練磨がなければ埋もれたまんまであり、何も知らない子供だから親の名がかぶせられているだけの話である。←私から引っ張っているだけじゃ。NHK・日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日・Tbs・テレ東、挨拶もしない金も払わん、俺を敵視するこいつらの常軌を逸した行為に日本民は無意識のうちに嫌気がさしてきたのではないだろうか。くだらないバラエティ番組さえも観なくなってきたようである。ほとんどテレビ局芸能界はオワコンというしかないだろう。ともあれスモップ解散おめでとうさんだ。じゃ、よろしゅう。


2016年08月21日(Sun)▲ページの先頭へ
チョー格言
わしの言うことをきかないのであれば、とんでもなくつまらないアホとみなされわしから見放されることになりやす。例えば阪神球団は監督真弓を急遽続投させろとわしが強制したにもかかわらず受け入れず言うことをきかなかったのは周知の事実であろう。臨機応変な判断を求めたが阪神球団はできなかつた。「負けることを宿命づけられている阪神球団」であるにもかかわらず、わしは本当に応援してきたわけだが、これにてどうでもよくなった次第で、むしろなくなってもらいたいという気持ちのもなる。吉本興業にやらせるのもいいんじゃないだろうか?金本にはヤクザがついているのではなかろうか?きわめて金本阪神野球は不審である。――つづく。


2016年08月20日(Sat)▲ページの先頭へ
哀しみのプロ野球
プロ野球にはきわめて【根深いもの】がよこたわっている。毎度のことのようにセ・リーグ主催者は広島原爆の日、お祈りの日に巨人と広島のカードを組んでいるが、どういう意図なのか、ザマァみろ。ということなのか?東日本震災といい熊本地震といい、巨人ファンの住処域じゃないのか?被爆広島の怒り悲しみがひきおこしたのか。巨人ファンの中にはサイコパスかと思うほどいかれている男がいるぞ。俺はこれをまにあたりにしている。巨人が好きになるとサイコパスになっちまうかも。これが野球の本質的性格ではなかと?プロ野球なんぞに深入りしちゃあかん。◆巨人が1018の最終戦中日で勝って劇的優勝に沸いたことがあったが、今思えば全然たいしたことのないつまらない出来事だった。審判とマスコミの協力なしには不可能としか思えん。なにがレジェンドなのか?理解不能。◆しかしながら、負けることを宿命づけられた阪神球団を関西人は容認してよく応援できるもんだなあ〜〜どういう人種じゃい?わしはもう特別阪神応援するわけではなくなったな。あの時監督真弓を続行させろといったにもかかわらず替えやがった阪神球団には憤慨しておるんや。維新政府によって徳川残党は巨人野球という牢屋に閉じ込められた。徳川読売の怨念なのか、決して抜け出せない世界に縛られた巨人ファンはサイコパスになりやすい。なんとも哀れな話である。


2016年08月17日(Wed)▲ページの先頭へ
祝スモップ解散

ちょっと遅いよね。スモップの解散……。ジャニー事務所には残る?いずれそれぞれ独立やろ。田原俊彦と郷ひろみが独立していたことに最近知ったわい。香取の力に感服。芸能界にいるのはもったいないやろ。芸術家になるのか。 ともあれ祝電ということでよろしゅう。どの世界でもはじめは呼び水として大いに持ち上げるが、徐々に雲行きが怪しくなりついには追い出されてしまうもんだ。権力は譲らないといったような欲深い人間が引き起こす油断ならない事案である。最大の例が西郷隆盛だろう。


◇クリック◇⇒■いいものショッピング■
■わーるどアビリティ■


2016年08月14日(Sun)▲ページの先頭へ
偉大なるおっちゃん十二家

女の子はどうでもいいが、ちょっと男児となると難解な話となるのう。かなりの男児が存在しているような気がするが、わしの子供と 世間に周知されたら藤原四家を超える「偉大なるおっちゃん十二家」となるぐらい派閥ができてしまうだろ。ハッハハハハー



2016年08月10日(Wed)▲ページの先頭へ
文商ヤクザと寄生物
文商ヤクザとは何か。攻撃的利己的文章を売り物にして民を手篭めにしようとする輩のことである。わしの造語。寄生物とは何か。わしに寄生して名利を得ようとする輩のことである。わしの造語。マスコミを取り締まることができる機関がないことが問題だ。わしにインネンをつけないと何もしないような、何もできないような郎党に91兆円請求が妥当である。


2016年08月08日(Mon)▲ページの先頭へ
見っけ、偉大なるおっちゃん男児?

ぬぬぬぬぬぬぬぬぬ、ぬーばー! マスコミ芸能界関係者でわしの子供を産んだ女がいるとかいないとか。 とりあえず、疑わしいのを挙げとく。S・R、K・H、T・Y、W・E、T・A、H・K、随時追加――こころあたりのある関係者はわしに寄付でもしてもらわんとうまぐね。子どもの写真を送ってくれるのでもいいた゜ろ。なんか子どもの顔が見てみたいもんじゃのう。何を考えているのか知らんが、「威権体」である私に寄生し、名利を得ようとする輩が少なくないのは事実でござろう。それゆえ偽者の出現もありえるわけで、そこのところはっきりしないと混沌としてきてわけがわからなくなってしまうだろう。じゃ、よろしゅう。


☆みっけ、みっけ、わしの子供?みっーけ〜。ハッハハハハー。↓





2016年08月07日(Sun)▲ページの先頭へ
「俺ネタ禁止令」の破壊力
テレビ番組視聴率がどれだけスポンサー料金の基準になっているのか知らんが、今やフタケタ10%でオンノジの時代である。スポンサーだけでは稼げないということでテレビ局は副業に注力しつつある。たとえばフジテレビは不動産やゲームポケモンで莫大な利益を得ているらしい。フジテレビやラジオなど読売巨人を勝たせようとしてキョジンファンを取り込もうとしているのは明らかでそれでも視聴者のフジテレビ離れは深刻なものになっている。わしの「俺ネタ禁止令」はフジテレビのみならず日本テレビにもじわじわと響きはじめているようだ。特にドラマは低調だ。もっとも「俺ネタ」ドラマが視聴者が観たいとは思えんが、これはわしにとっては嬉しいことやねん。金払わん商売人は信用をなくす。日本語も理解できんようだ。吉本興業とかジャニーズもわし離れがすすんで、そのためわしの子供が重宝されるという按配やろ?今後は視聴率3%でもドラマがつくれる環境づくりに邁進するしかないだろう。


2016年08月05日(Fri)▲ページの先頭へ
まじでヤバイ子役

これはヤバイ!寺田心↓
★自分からくちづけを求める寺田……年増の独身女をバカにしているのか?

■寺田心の母親は結婚してこころには妹ができていた。父親も優しくしてくれてこころは家族のぬくもりに満足した。 テレビのオフアーがなくなってきたが家族愛に目覚め、父親に頼り芸能界引退してもいいかなと思っている。


これからは勉強に専念しママが希望する京都産業大学を目指すことにした寺田心であった。



2016年08月04日(Thu)▲ページの先頭へ
セクハラ子役、自滅する

これはヤバイ!寺田心↓
★自分からくちづけを求めるアホな寺田……年増の独身女をバカにしているのか?

■寺田心の母親は結婚してこころには妹ができていた。父親も優しくしてくれてこころは家族のぬくもりに満足した。 テレビのオフアーがなくても家族愛に目覚め父親に頼り芸能界引退してもいいかなと思っている。


勉強に専念しママが希望する京都産業大学を目指すことにした寺田心であった。



2016年08月03日(Wed)▲ページの先頭へ
セクハラ子役、終わる

これはヤバイ!寺田心↓
★自分からくちづけを求めるアホな寺田……年増の独身女をバカにしているのか?

■寺田心の母親は結婚してこころには妹ができていた。父親も優しくしてくれてこころは家族のぬくもりに満足した。 テレビのオフアーがなくても家族愛に目覚め父親に頼り芸能界引退してもいいかなと思っている。


勉強に専念しママが希望する京都産業大学を目指すことにした寺田心であった。



   




新着トラックバック/コメント

vividmusic たふなんど探訪鑑




カレンダ
2016年8月
 
     

アーカイブ
2013年 (30)
5月 (12)
6月 (5)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (7)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (36)
1月 (5)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (8)
7月 (3)
2015年 (72)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (1)
7月 (6)
8月 (17)
9月 (16)
10月 (16)
11月 (4)
12月 (10)
2016年 (118)
1月 (18)
2月 (10)
3月 (6)
4月 (8)
5月 (6)
6月 (8)
7月 (7)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (7)
11月 (15)
12月 (11)
2017年 (49)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (24)

アクセスカウンタ
今日:972
昨日:1,501
累計:559,844