夢想探訪書勒 - 2015/10

じゃんじゃんよろしゅう。




2015年10月30日(Fri)▲ページの先頭へ
偽装ゲーム×テレビ局業界
わしの思い込みだったようじゃな。小学1年(男児)はどうもわしの子供でもなんでもないようじゃ。
先日、女性から電話がきてな、いきなり「間違いました」と言ってきた。その子はわしをパパだと信じているのではないかね? わしゃパパじゃないよとちゃんと誤解をといてくれよん。違和感ハンパじゃないで。なんかブサイクなんで変だなあとは思っていたわけよ。ともあれたとえ非公認の子供でもわしにはなんの得にもならんし、その子本人にとっても幸いだろうよ。じゃ、よろしく。

■その小学1年(男児)、今までわしをパパだと信じていたが、本当のパパを知って相当ショックを受けている様子だが、同時に本当のパパの存在に安心したようでもある。すべてはママに責任があるわけだが、ママはいずれ誰かと結婚してその男がパパとなるだろうから男児にとっては普通に暮らすことができるだろう。


2015年10月28日(Wed)▲ページの先頭へ
プロ野球ドラフトは必要
ドラフトは必要だろう。逆指名がかつてあったが、裏工作がハンバじゃない。例えば読売・高橋由伸だが、【誰もがヤクルト入りすると思っていた】【あきらめムードだった巨人関係者】
【当日未明まで続いた家族会議 覆った決断】【決断の陰に60億円の借金】の見出しからしても
あまりにも金が優先している。


2015年10月22日(Thu)▲ページの先頭へ
感応連動顕象
「感応連動顕象」とは私の造語である。「宝遺伝子」←これも造語。を持つ者を邪霊は恐れ、嗅ぎ付けることに難儀しないようだ。私の場合は幼少の時すでに知られていて、和光同塵というわけにはいかなかったのだ。それはなぜか。「宝遺伝子」の影響力を「感応連動顕象」ということばであらわすことができると考える。
本人の意思もなにも無関係に周囲は反応してしまうことである。だから、敵対者が逆探知することで本源を明察し、「宝遺伝子」保持者にたどり着くことになるのだ。←◆以上私の主観話◆


2015年10月15日(Thu)▲ページの先頭へ
野球は博打
ヤクルト・バレンティンが異常に変だ。脅迫されているのか?
金もらってしまったのか? 呪われているのか? だいたい気持ちが入っていないだろ?
7回裏、ヤクルトはノーアウト1、2塁で送るべきだったな。結局無得点に終わって
先行き不安になってしまった。1点でも2点でも点差を詰めたいところだった。一気に同点、逆転はしんどいだろ。これで勝負あったになっちまったよね。阪神和田も関本に送らせるべきだったな。なかなか一発はうてんだろ。関本に引退記念のヒットを期待したが関本応えられず。
もっとも巨人のバント守備は定評があるから、相当プレッシャーがあるんだろな。
その点、「博打」をやってしまうのが野球というもんなんだろうな。野球は博打だよな。送りバントは我々見ているもんからすると簡単にできるだろうと思ってしまう。緊迫感の中ではどれほど難しいか、かといってヒットを放つのも難しい話だ。果たして何が勝敗を左右するのか最大の問題である。
■わしの子供?小学5年(女児)が読売日本テレビに出されているようだ。巨人を勝たせるためとしか思えん。わしがもっと早く気づいていれば原辰徳ジャイアンツの三連覇等の優勝はなかったよ。
明らかに無効だな。証明として今年は読売は敗北の淵に沈んだよね。


2015年10月14日(Wed)▲ページの先頭へ
マスコミの○○通用せず
指名手配されている読売自動車が猛スピードで最初の検問を突破し、次なる検問もさらなる
アクセル全開猛スピードで吹っ飛ばそうとしている。メンツにかけて阻止あるのみだ。

■読売はスキャンダルがエネルギー源となるくらい頭がおかしい人種だ。読売Gはなにか不祥事とか事件があっても、むしろそれをバネとして勝ってしまうふざけた球団だ。だから、読売Gの監督コーチ選手を
常識ある人間と思っちゃいけない。
今回の賭博事件もそれを狙ったのではないかというくらい奇怪な事案である。こういう案件が他球団に模倣されることになれば、全くマスコミが機能不全となりマスコミ人間はタダで給料をもらっていることになるのだ。人間社会の劣悪化の進行を速めている。


2015年10月11日(Sun)▲ページの先頭へ
ただ一点を理解するすることが最重要
わしの直系遺伝子を保持する子供たちは、認識することが必要だ。認識第一。
将来兄弟姉妹と知らずに結婚でもしたら、アホやろ。とにかく知らない者たちには教えるようにしてもらいたい。マスコミ芸能界にいる子供は人質にとられているも同然だと思え。マスコミという蛇業は読売ジイアンツを勝たせるためにプログラミングされているのだ。この点を理解すれば奴等の人間性が徐々に見えてくるだろう。
とにかく俺の邪魔をする挨拶もしない金も払わん奴等が、まともな事をやっているわけがないのである。じゃ、よろしく。


2015年10月04日(Sun)▲ページの先頭へ
テレビメディアのフラストレーション
わしの未公認の子供をテレビメディアに出すのは社会的影響が大きい。
特に小学生のチビをバラエティ番組と生放送に出すのはやめるべきである。特に読売とフジサンケイ。
子供社会にストレスを与える惧れがある。わしの子供だとわかっていれば、納得がいくかもしれんが、
知らん子供たちにとって無益だろ。じゃ、よろしく。


   




新着トラックバック/コメント

vividmusic 夢想探訪書勒(むそうたんぼうしょろく)




カレンダ
2015年10月
       

アーカイブ
2013年 (30)
5月 (12)
6月 (5)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (7)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (36)
1月 (5)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (8)
7月 (3)
2015年 (39)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (7)
10月 (7)
11月 (1)
12月 (8)
2016年 (65)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (2)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (3)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (10)
2017年 (83)
1月 (11)
2月 (5)
3月 (6)
4月 (10)
5月 (8)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (10)
9月 (5)

アクセスカウンタ
今日:641
昨日:1,178
累計:827,602